SDGsに向けた取り組み

Kグリーンエナジー イメージ図

K グリーンエナジーによる発電システムの開発は2009年6月より開始されました。

1) 発電機の構造設計試作・試験機の河川における実験

第一段階では発電機の構造設計試作および試験機の河川における実験です。荒川上流で国土交通省の許可を得て3度の実験を行い発電機の構造を決定しました。

  • 1回目の実験日:2009年12月16日
  • 2回目の実験日:2009年12月25日
  • 3回目の実験日:2010年1月21日
実験の様子

2) 規模を拡大して発電機の羽根の構造・強度試験

第二段階では規模を拡大して発電機の羽根の構造および強度試験を、武蔵水路を使用して行いました。

実験日:2011年8月6日

実験の様子

3) 発電効率を高めるためのローターおよび可変翼の改良実験

第三段階では発電効率を高めるためのローターおよび可変翼の改良実験を国交省管轄の海上技術安全研究所水槽を使用して行いました。

実験日:2012年5月1日、5月2日

実験の様子

4)発電効率を最高に高めることの確認試験

第四段階は発電効率を最高に高めることの確認試験を三井造船昭島研究所の水槽で行いました。発電効率は理論的発電量の37%を達成しました。

立会者:東京大学 大学院特任教授 影本 浩先生(流体力学・船舶工学)

実験日:2014年10月16日、10月17日

実験の様子

特許の取得

Kグリーンエナジーの発電システムは、従来の発電システムとは異なり全てが独自の設計になっています。

1.発電機本体の特許を取得

1−1「水車羽根型発電装置」

  • 日本 特許第4808799号
  • 米国 US8,702,392B2
  • 英国(英国・アイルランド)  EP2133557号
  • 台湾 第I490406号

1−2「水車羽根型発電装置」

  • 日本 特許第4659917号
  • 米国 US8,794,904B2
  • 英国 GB2480129号 / GB2531977号(分割)

2.発電効率を向上させる(流速の速い場所に設置する)特許を取得

「水中設置型水流発電システム」

  • 日本 特許第5905984号
  • 米国 US10,087,908B2
  • 英国 GB2541533号

3.トータルコスト削減に繋がる発電機の設置工事費を安くする設置工事方法の特許を取得

「水力発電装置の設置構造」

  • 日本 特許第4422789号
  • 米国 US8,575,771B2
  • 英国 GB2472499号
  • 台湾 第I490405号

4.コスト削減に寄与するメンテナンス回数を削減するための発電機の構造特許を取得

「水車羽根型発電装置」

  • 日本 特許第5389082号
  • 米国 US9,103,314B2
  • 台湾 第I567297号

5.発電効率を高めるための海流の蛇行に合わせ方向を自動制御する方法の特許を取得

 「水車羽根型発電装置」

  • 日本 特許第5918291号
  • 米国 US9,587,621B2
  • アイルランド 第86657号

6.単一地区により多くの発電機を海中設置するための特許を取得

「水中設置型水流発電システム」

  • 日本 特許第6585002号

7.発電したエネルギーを水素で貯蔵・運搬する特許を取得

「海流発電を利用した水素エネルギー供給システム」

  • 日本 特許第6139594号
  • 米国 US10,138,563B2
  • 英国 GB2531118号
  • アイルランド 第86785号
  • 台湾 I623682号

8.水を効率よく水素と酸素に電気分解する特許を取得

「液体活性化・電気分解及び液体活性化・電解方法」

  • 日本 特許第5824122号
  • 米国 US10,465,301B2